賃貸 マンション 

  

方法を知る

椅子とフローリング

不動産の売却をする場合に、一番気になるのはその価格についてではないでしょうか。不動産の売主としてはできるだけ高値で売りたいものです。 そこで査定をおこなう必要がありますが、これは大きく分けて2種類があることを知っておくべきです。 一つが簡易査定です。これはその名の通り簡単に査定をすることで、インターネットを使って必要事項に条件や数字などを打ち込むことで、おおよその金額を出すことができる点で優れていると言えます。 これに対して、より詳しく査定をおこなう場合は実査定をするべきです。実査定とは、実際に現物の不動産会社の人に来てもらい、詳しく見てもらうことです。これによって、簡易査定ではわからなかった条件から判断し、よりリアルな数字が出るのが特徴です。

不動産の査定が終わり、売却をする段階で注意をしなければならない点があります。 まずは、提示された金額についてです。複数の不動産会社に査定をお願いする場合には、その価格がバラバラということがあります。 例えば三社に来てもらった場合、A社が2800万円、B社が3000万円、C社が3100万円のように金額がバラバラに提示されることがあります。 多くの場合、一番高値を出したC社に売却をするのではないでしょうか。ですが、実際に売ってみるとC者よりもA社のほうが高値で売れたということもあるのです。 これは、C社が一番売却に自信があって高値を提示したわけではなく、自分の会社絵取り扱いたい不動産物件だから高値で設定しただけで、実際にその値段で売却できるかどうかとは別の問題になるのです。