勉強嫌いな子ほどおすすめ!というプロ家庭教師

勉強嫌いの子供について、本人よりもむしろ親の方が焦っていることが多く見られます。
例えば中学生ともなると高校受験を意識し、特に数学・英語の成績が悪いとなおのことです。
自分で学習する習慣がついておらず、勉強嫌いな子どもは人の話をじっくり聞いて理解する経験が少ないため、塾に通わせたとしても、成績アップの効果はあまり期待できません。
そこで家庭教師をということになります。
勉強嫌いな子どもに勉強の楽しさを教え、将来への夢を持たせられるようなプロ家庭教師とはどんな方法で子どもと接していくのでしょうか。
まずは、子どもがなぜ勉強を嫌いになったかの理由原因を把握できるよう、子どもとゆっくり話して子どもとの人間関係の距離を縮めていきます。
子どもには、得意とまではいかなくても好きな科目はあるはずです。
そこを突破口にして、その科目の内容の理解を深め、わかることの楽しさを体験させていきます。
そして除々に嫌いな科目、つまり成績がかんばしくない科目へと取り組んでいきます。
そのタイミングとしては慎重に行っていくことが大切となります。
英語なら中学一年の教科書まで戻ることになりますが、単語が発音できない、あるいは英語を口に出すことがはずかしくて、つまづきになっていることが多いなどということが考えられるため基礎から学ぶことが必要となります。
少しでも人間関係ができている家庭教師の前では自分のペースでやっていけるので、英語の音に関する苦手意識も軽減されるかもしれません。
あとは単語の発音とスペルを関連つけて覚えれば、英語に対する恐怖感が少しずつ拭えます。
数学は、たいてい小学生の算数まで戻ることになりますが、計算問題よりも文章問題を克服するのに時間がかかるということを考えておきましょう。
文章を読み取る力、すなわち国語力が必要になってくるからです。
このようにプロ家庭教師といわれる人は、子どもの弱点をしっかりつかみ、焦らず根気強く、子どもに合った学習のステップアップの手助けをしていきます。