家庭教師は土日にローマ字を教えることもある

家庭教師の仕事は土日が休みのことは少ないです。
土日は生徒が家にいるので、家まで足を運んで勉強を教えなければなりません。
小学生の担当だったら、ローマ字を教えることもありますし、家庭教師が教えることはいろいろあります。
ローマ字のような基本的なことから、微分積分のような高度なことまで教えていきます。
どんなことを教える時も、教え方は同じのことが多いです。
どの強化であっても基礎をまずしっかり教えて、応用の問題は生徒に解かせるようにします。
ローマ字だったら、ローマ字の書き方や決まりを教えて、後はローマ字の書き取りを生徒にやらせます。基本を教えることが一番大切です。
基本が分かったら、応用の問題はできる生徒が多いです。しかし、基本を理解できない生徒もいますので、そのような生徒の場合には、下の学年で学んだことから教えていく必要があります。
基本的には復習になるのですが、一人の生徒だけを教えれば良いので、難しいことではありません。
生徒自身も他の生徒の視線を気にする必要がないので、伸び伸びと勉強できます。
家庭教師は基礎を徹底させるのに適した教え方です。
集団の授業だったら、基礎力のない生徒は落ちこぼれてしまいます。先生はすべての生徒のことを構うことができないので、やむを得ない面がありますが、落ちこぼれた生徒は救われません。
このような生徒たちに救いの手を差し伸べるのが家庭教師の仕事の一つとも言えます。
家庭教師は成績の良い子に教える仕事も担当します。
この場合は、生徒の力をできるだけ引き出せるように努力し、教え過ぎないで、生徒に問題を解くことを任せます。
もちろん分からないところがあったら、丁寧に詳しく教えます。成績の良い生徒の場合は、家庭教師がいれば、学校の先を勉強できます。